twitter APIとAccess Tokenの取得方法

最終更新日:  |  web関連, WordPressカスタマイズ, 記事一覧

どーも黒ブタです。

ワードプレスで記事を書いた際にtwitterやFacebookに自動で投稿ができる

「NextScripts: Social Networks Auto-Poster」

というプラグインがあります。

いろいろ細かい設定(アイキャッチ画像が挿入できたり、ハッシュタグなど自由に追加)ができるので重宝しています。

ただ、設定するにあたり、各種API取得したりと色々めんどくさい。

今回はtwitterのAPIの取得をしたいと思う。

ちなみに、今回の取得日は【2015/9/17】です。

twitterのdeveloperツールのレイアウトがコロコロ変わるので、毎回セッティングに行き着くまで少しばかり時間がかかるのでめんどくさいですね。

まずはdeveloperツールのURLから。

twitter developerツール

ここに繋いで、設定をしたいアカウントでサインインします。
サインインは大体右上にある傾向。

次に、どこかにdocumentionへのリンクがあるのでそこに繋ぐ。

現在のURLは下記

twitter デベロッパーツール Documentationへのリンク

次はManage My Appsという、いわゆる自身の管理しているアカウントの設定ページですね。
URLか下記

Manage My Appsへのリンク

ここまで行けば後は簡単。
指定のサイトを選択して

Keys and Access Tokens(リンクではない)

をクリックすれば、APIとAccess tokenを取得できます。

 NextScripts: Social Networks Auto-Posterの
セッティング(setting)で
Your Twitter URL:
Your Twitter API Key:
Your Twitter API Secret:
Your Access Token:
Your Access Token Secret:
Attach Image to Twitter Post(画像を添付する場合はチェック)
Message text Format:(これはデフォルトのままでいいですが、ハッシュタグを付ける場合の方法は下記)
%TITLE% – %URL%の後に半角スペースを入れシャープ「#」と単語の入力。

%TITLE% – %URL% #ツイッター #黒ブタブログなどなど。

設定が終わったらテスト投稿。
Test your settings:Submit Test Post to twitter
というボタンがあるのでそれを押してから自身のtwitterに自動投稿されているか確認してみる。
Test Post from 〜
という投稿がされていれば設定成功です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村